その 転職、ちょっと待った!
その 資格、ちょっと待った!
その キャリア、ちょっと待った!

「転職すること」や「資格を取ること」、「キャリアを高めること」についての情報はたくさんありますが、「転職しなくてもできること」や「資格を取らなくてもできること」、「キャリアを求めないこと」についてはあまり書かれていないように思います。確かに転職や資格はカッコ良くみえますが、私は、今いっしょにいる仲間が好きですし、偉くなりたいとも あまり思いません(すこしだけ思います)。会社は会社で楽しんで 、会社以外にやりたいことはそれはそれでやってしまうよくばり人生でもいいじゃないでしょうか。


思っていることをありったけ書いてみました

メールマガジン枠をはめない生き方
  ビジネスの能力を測るにはメールマガジン(MM)を発行させるのがいい、とおっしゃる方がいらっしゃいました。たしかにMMで購読者を
  増やす力があれば、ビジネスもやっていけると思います。わたくしも挑戦中です(ビジネスの力ないかも...)。

お奨めネットワークビジネスIPR MBA友の会 赤坂ブレックファーストクラブ
  ビジネスIPRというのはIPR(Intellectual Property Rights)に関心がある人が勝手に集まって、IPR業界を改革しようと意気込む集まりです。
  MBAは資格だという人もいらっしゃるでしょう。わたしはそうは思っていません。2年間かけて人生の修行に行くものだと思っています。
  朝は、みなさん忙しいので、9:00頃になるとみなさんいなくなります。昼間の会議よりも夜の飲み会よりも圧倒的に効率がいいです。

ザラザラ書き ページオーナーのプライベートページ ぺージオーナーへのコンタクト ●類書? ●購入

転職、資格、キャリアの前に「生き方 」のヒントを拾う映画
 こういう映画を見ると、転職とか資格とかどうでもよくなると思います。
転職、資格、キャリアの前に「頭の使い方 」のヒントを拾う本
  多くの現代人にとって頭の使い方が昔の剣術に当たると思います。
レジスタンスもの

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

  3部作をDVDで揃える必要はないでしょうが、とてつもない作品です。権力を手に入れて自ら悪の化身となり、自分の息子と闘わなくてはならなくなるという壮大な人間の性(さが)ベースになっています。登場人物のイメージは地球上、歴史上の様々な題材からとられていて、まさに宇宙の大河ドラマです。



頭の鍛え方

意思決定入門 日経文庫 中島 一 (著)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル Best solution
照屋 華子 (著), 岡田 恵子 (著)

 論理的に考える練習から始めましょう。ビジネスマンにとっての素振りみたいなものだと思います。

レジスタンスもの

スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパック

 宇宙を悪の手から救うルーク・スカイウォーカーの父親のダースベーダーとなるアナキンの子供時代の話しから始まるという壮大な物語です。若きダースベーダーと結ばれるのは、『レオン』のナタリー・ポートマン。



■■■
■■■
■■■
■■■
知的方法論の奥義

「知」のソフトウェア 講談社現代新書
立花 隆 (著)

論文作法―調査・研究・執筆の技術と手順 教養諸学シリーズ
谷口 勇 (翻訳), ウンベルト エーコ

老年を考える

アバウト・シュミット

 70を過ぎても現役バリバリのジャック・ニコルソンが定年で自分のかつての人生の無意味さに気がつくというやくがらなど出来るはずがなにですが、やってしまうのが名優。本当にすごい演技だと思います。



知の方法論

知的生産の技術 岩波新書
梅棹 忠夫 (著)

論文の書き方 岩波新書
清水 幾太郎 (著)

今、見ていることは幻想

マトリックス 特別版

 映画史上に残る傑作だと思います。自分が見ている世界は、網膜が作り出す仮想現実に過ぎないという哲学の根本問題をロックでメカニカルでエイジアンなスタイリッシュ感覚で描かれています。キアヌもキャリー・アン・モスもとにかくカッコいい。



新しいライフスタイル

実践版 働きながら大学教授になる方法
萩原 俊彦 (著)

 大学で教えるって楽しいですよ。

週末起業 ちくま新書 藤井 孝一 (著)

カッコいいこと

さよならゲーム

 ラストがかっこいい(本書の本文では紹介してしまいましたがここでは秘密)。 フィールド・オブ・ドリームス といい。ケビン・コスナーはきっと野球が大好きなんだと思います。



リーダーシップを極める

リーダーシップの本質―ガードナーのリーダーの条件 ジョン・W・ガードナー (著), 加藤 幹雄

 エリートはリーダーになりにくい。明快!

リスクを知る

リスク―神々への反逆 (上)  日経ビジネス人文庫 ピーター・バーンスタイン (著), 青山 護

自分の頭で考える

たそがれ清兵衛 

 真田広之しかこの役を演じる人がいないのはいかにも日本の映画界の人材枯渇のような気がします。
こざかしいことをせずに生きていくのが一番カッコいいと思います。



お金の計算

社長になる人のための経理の本    日経ビジネス人文庫岩田 康成 (著)

理系人間のための経営戦略入門―東大先端研での実験的経営教育の記録!柴田 英寿 (著)

目の前のことに真剣に

Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション DVD-BOX

 こんなものまでDVD-BOXになっているというのは驚きです。 主題歌の『銀の龍の背に乗って』もかっこいい。銀の龍の背にのるような人生でありたい。



本はこうあるべき

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 新潮文庫 佐野 眞一 (著)

渋沢家三代 文春新書 佐野 眞一 (著)

 佐野眞一さんの文章はすごいと思います。

       
       
       

 新刊 実業之日本社 2004/05/15
 「使われるサラリーマンから使いこなすサラリーマンへ

  ○会社の中には理不尽なことが渦巻いているような気がする
  ○今の会社では自分の力は発揮出来ないように思う
  ○自分の会社の組織は、うまく機能していないようだ
  ○ずっとサラリーマンのままでいるかと思うとうんざりする
  ○
自分の将来のために勉強したいと思っている

  こういう人向けに私の考えをまとめてみました。
 

お奨めBGM: No where man, The Beatles, 〜No-where manのハイフンを一つずらせばNowーhere man〜

はじめに: 「キミは、がんばっているのになかなか評価されてないが、見ている人は見ているからがんばりなさい」
         そんな、言わなくてもいいことを言ってくる人がいます。私の方は、「評価を気にしないから幸せなのに、    
         そこのところわかってるの?」と思っています。More...

      アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT