操業管理論

操業管理論は経営論の中でももっとも発展している
プロアクティブ思考とリアクティブ思考の両方を使っている
操業管理論にはパッシブ思考の要素がない

操業管理はプロアクティブ(先読み)思考とリアクティブ(事態対応型)思考を組み合わせた究極の経営思考モデルと思われます。

操業管理論の概要

販売予測:プロアクティブ(先読み)思考

最適在庫管理:リアクティブ(事態対応型)思考

生産/製造計画管理:リアクティブ(事態対応型)思考

出荷/納品管理:リアクティブ(事態対応型)思考

品質管理:リアクティブ(事態対応型)思考

原価管理:リアクティブ(事態対応型)思考

操業管理においては,販売予測がシステムの外側まで考慮するプロアクティブ(先読み)思考を行い,そのほかの管理業務は既存のシステムの最適管理をめざしています。