書籍とリンクの紹介

書籍

コンサルティング、問題解決、意志決定
関連の良書を選定しています。

意思決定入門 日経文庫 中島 一0

伝統的な意思決定の行い方を平易に解説しています。「考えたことは書き出さないと消えてしまうし、また、書くことで状況が整理できる」という指摘など示唆に富む内容です。

 

問題構造学入門 ダイヤモンド社 佐藤允一0

ハーバードのケースメソッドに方法論がかけていることを発見して、それを埋める方法論を10年がかりで整理したと、巻末に紹介されています。問題が生じる原因を解決可能なものと解決不可能なものに分離する点や、目標と結果の差違が、新たな問題なって、システムが回りつづけるとしている点など、みごとな問題の構造化の概念が提示されています。

 

リスク 日本経済新聞社 Peter Bernstein 青山 護訳0

意思決定はまさに、確率の問題です。人類の確率計算確率への歩みを人類史の物語として書いたの本書です。賭事に勝つための確率計算から、生命保険の掛け金の数理計算、遺伝的優生学の根拠としての確率計算、そして、株式投資のための確率計算と、ギリシャ以来の確率論の発展を時系列に整理してあり、確率論の本質を理解できると思います。

 

すぐれた意思決定 中央公論社 
印南一路 青山 護訳

意思決定について精緻に解説されている。一見、優れた意思決定手法に見える合理的問題解決手法が抱える問題を明らかにしています。また、意思決定における確率論の必要性と、慣れ親しんだ因果関係による状況認識がおこしやすいミスなどを丁寧に解説しています。筆者が前書きで述べているように「『すぐれた意思決定』をするにはどうしたらいいかということを追求した本である。学問的に探求するうち、認知心理学、社会心理学、経済学、ゲーム理論、小集団研究、コミュニケーション論等の分野を彷徨することとなった。」というスタンスで書かれています。意思決定について可能な限り学問的な分析がなされていて貴重な本と思います。

パラダイムの魔力 Joel Barker 日経BP出版センター0

パラダイムにとりつかれてしまうと新しいことが見えなくなるという視点を解説しています。革新は会社に長年つとめてきたベテラン社員にはできないが新入社員には簡単にできるというような、忘れてしまいがちな基本が述べられています。

 

問題解決手法の知識 日経文庫 高橋誠0

この本を読むと、問題解決というテーマはいろいろな人が研究していてもう新しい手法はないのではないかという気がします。辞書的な整理がされているので無味乾燥ではありますが、思考パターンの類型的理解に役に立つと思います。

 

上に立つものの人間学 PHP文庫 船井幸雄0

本書は、船井さんの数ある著作の中では、比較的古いもので、コンサルタントとしての理念が語られています。途中で宗教的な世界が展開されますが、コンサルティングという世界が論理だけではないことを感じるのにも役に立つと思います。

 

知的生産の技術 岩波新書 梅棹忠夫0

山根真一さんや野口悠紀雄さんの情報整理についての著書がブームになりましたが、1969年初版の本書にほとんど同じ考え方が網羅されています。「とにかく書き出すこと」、「定型のフォーマットに整理すること」など情報整理の基本が書かれています。加えて、組み合わせによる発想法などについても解説されています。

 

「知」のソフトウエア 講談社現代新書 立花 隆0

情報を集めること整理すること、新たな発見を表現することなど、人間が行う情報処理を自らの事例を題材に丁寧にときほぐしています。「問題構造学入門」や「問題解決手法の知識」が考えるツールの利便性を説いているのに対して、本書は、ツールよりも頭が実際にどう動くのかに焦点を当ててまとめられていると思います。 

 

考える技術・書く技術 説得力を高めるピラミッド原則 バーバラ・ミント 山崎康司訳 ダイヤモンド社1995/04/20

本書は、階層構造で物事を考える手法を丁寧に解説しています。中でも、第9章の「要約の記述とは?」で試みられている解説は秀逸です。意味のあるグループ化と意味のないグループ化の違いを明らかにしています。物事を似たものをグルーピングしながらピラミッドの構造にまとめていく考え方は、経験から自然に学んで、多くの人がやっていることです。その経験則を言葉で解説して、なぜ階層構造に整理していくことに意義があるのかを解き明かそうとしている点は一読に値すると考えます。

リンク

経営の理論と実践
 
経営学の歴史
 
経営学のツール
 
経営学の思考
 
経営学の実践
 
経営学の書籍

企業経営は、考える過程と実践する過程を切り分けてとらえるとよいという論旨を展開しているページです。

 

SCM

サプライチェーンに関するコンサルティングに役立つコンセプトを整理しています。

 

経営革新のための整理枠

経営革新において便利な整理の枠組みを提示しています。

 

企業革新のためのビジネスシステムプランニングの研究

情報システムによる企業革新の手法を整理してあります。

情報システム企画技法にポーターのヴァリュー・チェーン、ハマーのビジネスプロセスリエンジニアリング、業務フロー改善手法等を取り込んで経営や業務構造の革新を実現する手法をまとめています。